toggle
2017-09-02

雨の川越氷川神社でのお宮参り撮影

小雨が降る中、縁結び神社で有名な川越氷川神社でのお宮参り。
この日は朝からシトシトを雨が降っていました。

雨が降りますと足元は悪く、着物も濡れてしまっては大変ですし、赤ちゃんの顔もぬれないようにと配慮が必要になります。
その分、人の動きに気を使ったりで、一緒に参拝している方に傘をさしてあげる優しさがみえたり、人と人が寄り添って歩く姿は慈しみに溢れています。
相合傘の姿ってなんであんなにいいんでしょうね。

雨の日は人の優しさが際立つ気がします。
また、雨は「恵の雨」とも形容されます。なので、人に「与える」精神をお持ちの方々の記念の日には雨が降ると言われる喩えがぼくは好きです。
それとやっぱり雨粒は光が当たるとキラキラと輝き、建物や植物をしっとりとしめらしますと上品な質感がでるので美しい光景になります。

 雨の日は大変な部分も優しさや美しさが際立つ両方の側面を写真に収めていきたいと思います。

 

@埼玉県川越市/川越氷川神社 2017
Photographer:荻野 哲生

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です