toggle
ブログ
2018-12-06 | ブログ, 日記

社交ダンスは教養である

 

先日、ソシアルダンスの発表会の撮影をさせていただきました。
ふと、社交ダンス?ソシアルダンス?ソーシャルダンス?ボールルームダンス?
色々な呼び方があって使い分けがあるのか?と気になるところです。
「ソシアルダンス」はなんだか歴史を感じるのと、響きが好きで冒頭で使ってみました。

「ソシアルダンス!」

さて、エグゼクティブなホテルで催される社交場に赴くというのは、なかなかある機会ではありません。
「今日は大人の社交場に行ってきます。」と声に出すのは、なんだか優雅で、ちょっとエルダーになった気分になります。

「大人の社交場行かないかんねん!」と、昔あった、ごっつええ感じのコントの気分です。
「パーティーいかなあかんねん!」とテンション高く言い放ち、

「そうそうそう。」と斧を手渡され、「どんだったたーどんだったたー」と。

 

・・・・・・

 

さて、くだらない話はおいておきまして。
ダンス発表会では人生の先輩方が、いくつになっても背筋をピンと伸ばして華麗に踊る姿を観ることができます。
年齢を感じさせないその動き。しなやかな指使い。ダンスを楽しむ表情。見ているだけで、心震えるものがあります。

90歳を超えて参加されている方がいらっしゃいまして。
その方がテーブルに座っていたり、ホテルの廊下を歩いていたり、他の参加者の方とお話されたりしている時は、言えば失礼かもしれませんが、いわゆる普通の「かわいいおばあさま」といった雰囲気なんです。
腰も少し曲がって年相応といった感じです。

それでも、社交ダンスをされているので、俗にいう普通のおばあさま方に比べればもちろんしゃんとしております。
しかし、ドレスを纏い、一歩フロアに足を踏み出す時には、気品あふれるたたずまいと、しっかりとした足取りで。雰囲気がガラッと変わります。

また、何回か社交ダンスの発表会の撮影をさせていただいているため、60歳になってから社交ダンスを習いはじめた方が、数年間で上達されていく経緯をみています。
年齢を重ねてからもなにかのために練習をして、少しずつ少しずつ上手くなっていき、発表の場に立つということ。それって実際にはなかなかできないことだと思うのです。
いくつになっても挑戦をやめないことは、充実した人生を送る秘訣だと感じますし、やはり社交場で人と接するのは、自己の向上に大いに役立っていると思います。

「人は、人と交わることでしか磨かれない」と、どっかの偉い人が言っていたと記憶しております。
まさにその通りだと。大好きな言葉の一つでもあります。

ダンスの写真を撮っていると、上手い人はやはり何をやっていても、どうやったって絵になります。
しかし、そうでない方は自信のない姿や緊張が表れた表情を写すことになってしまう。
自信のない方でもキラリと光る瞬間はありますので、それを逃さないように撮ります。

言うのは簡単で、やるのは難しいんですよ。本当に。

閑話休題で。

上手に写真を撮られるコツを少しお伝えします。

すぐできることを3つだけ。
だいそれたことではなく、

・自信満々でいること。
・指先、足先まで意識を張り巡らせて立つ。または動くこと。
・姿勢良く立つこと。天から登頂部を線で引っ張られている意識で。

これだけで、かなり好印象な写真を撮ることができます。
難しいと思われる方は、姿勢よく立つだけでも意識してみてください。

表情は自然と良くなります。上を向いて落ち込めない!みたいなことです。
さらに遠くを見つめる瞳でいるとより表情が輝きます。

またまた俗っぽくいうと、先ほど述べたことを実行すると、いわゆる「オーラが出てる人」になります。
信じてもらえないかもしれませんが、オーラ出てる人って本当にいますし、撮られてて自信がつくと、人ってオーラを発してくるもんです。
これ事実なんです!!


本題に戻しまして。
このように、美しく撮られることについて、端からみれば言いたい放題言えるのですが、いざやれと言われてすぐできるものではありません。
人前に立ち、週に2、3日の練習。それどころではないかもしれせんが。

その練習を何ヶ月も続けて、その成果を発表する場に立つという行為は、それだけで美しく尊敬できるものがあります。
そして、社交ダンスは趣味ではなく、教養だとぼくは思います。

海外に行くと社交場ではダンスシーンが多く、男性は女性をエスコートするものという文化があります。
誘われて踊れないと失礼に当たりますし、そのような場に身を置くというのは経験としてもそうですが、人生の質が高まるんだと思います。

満ち満ちた人生を送るために社交ダンスという教養もはじめたいと思う日のことでございました。

 

@愛知県名古屋市/ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 2018
Photographer:荻野 哲生

2018-11-12 | ブログ, 日記

誕生日を迎えました。

去る11月4日。私、お誕生日を迎えました。おめでとうごいます。ありがとうございます。

皆様のお蔭でこれまで生きてこれたと真剣に思っております。誠に感謝申し上げます。
地球に生まれ落ちて32年という時の経過に単純に驚きました。
なんだか、自分の中では25歳ぐらいで気持ちが止まっているような感覚。
32歳って、もっともっとナイスミドルな雰囲気が漂う大人のしぶーい男、だと思っていたのにな。

誕生日を迎えて率直に思うことを少々。
会社員として働いていた時は、年齢というものが自分の中で大きなウェイトを占めていました。
会社の中には当たり前ですが先輩・後輩、上司・部下がいて、会話する時や振る舞いに多少なりとも年齢という数字が影響してくるからです。
給料も、年齢によって少しずつ上がっていくという制度であったりしますからね。
しかし、フリーランスで働くようになってからは、年齢だけで何かを測ることはできないと強く実感しました。

例えば、「10年その仕事をしているから技術がどんどん高くなっていくか」と言われればそうではなく。日々の研鑚が必要になります。
10年掛かって何かを成す人も入れば、2年でできてしまう人もいる。
50歳で功を成す人も、20歳で功を成す人もいる。
常に向上心を持って取り組まないと、ただ年数という時間が経過しているだけになってしまうと思うのです。

32年という時間を、経過するだけにしないように。
今のままの自分ではいけない。
子どものような純粋な気持ちと感覚を大切に、まだまだやらねば。
仕事で成果を出すだけでなく、自分のために、そして、
他人の役に立つことをしていかなくては。

そんな気持ちが、じわじわと熱く、ぼくの中に芽生えました。

そのために、ぼくが実施しようと思ったこと。
それが、『原田式目標・目的設定のための4つ観点』というメソッドです。

・有形自己
・無形自己
・有形他者
・無形他者

という4つの観点から、目標・目的を設定するというもの。
実はこれ、今のぼくにとって、とても大切なことでした。

やりかたは、こうです。

<その1
まず、達成したい目的・目標を、「形のあるもの」「形のないもの」「自分の目標」「他人に対しての目標」に分け考えます。

<その2
「そのためにはどうしたらよいか」とそれぞれについて考え、「まずはこうしよう」という達成のための原動力にします。
これを行ったことで明らかになった、ぼくのヴィジョン=展望がこちら↓。

自分にむけての目標3年以内にデザイン事務所の設立と家族写真スタジオのオープン。

また独自のメディアと紙媒体を発行すること。

自分以外の方々へ貢献するための目標一緒に働く方々の夢や目標の達成の支援すること。

また個人の人が作品を発表するためのギャラリーをひらくこと。
なんだかスッキリしたような!
でも、まだそうでないような

夢もやりたいことも漠然としていて、目標をひねり出しただけのようになってしまいました。

でも、先述のように、ただ時間や年月だけが経過していくよりは、よっぽどいい。

何かをはじめたり、挑戦したりすることに遅すぎるということは、ないのだから。
というわけなので、これからはどんどん色々なことにチャレンジしていきます。

まずは目標達成のために、今日できることを一つ一つ。

以上、ぼくが32歳の誕生日に思うことでした。

来年の今頃は、どんな顔で、この記事を読み返すのかなあ()

@愛知県名古屋市/プリンセス大通り 2018
Photographer:荻野 哲生

2018-03-09 | ブログ, 日記

鈴木化学工業所様の企業案内誌撮影

鈴木化学工業所様の企業案内誌の撮影をさせていただきました。

プラスチック製品や工場内をわかりやすく撮影しました。
前職の化学の仕事が役に立ちました。
人生に無駄なことはないと言いますが、写真家人生で化学の知識や経験が役に立つのは嬉しいです。

いまやっていることも将来、役に立つことがあると思って色々なことに挑んていこう。
忘れてはいけない大切なことです。

鈴木化学工業所様HP
http://www.suzukikagaku.co.jp/

client: ブラザー印刷株式会社
Photographer:荻野 哲生

 

2018-03-08 | ブログ, 日記

映画「ブラックパンサー」“ももクロ”百田夏菜子さんの名古屋での舞台挨拶撮影

マーベル・スタジオが贈る最新作『ブラックパンサー』が3月1日に公開となりました。
その舞台挨拶が名駅ミッドランドスクエアシネマで行われ、その様子を撮影させていただきました。

学生限定特別試写会の上映前にハリウッド声優初挑戦の「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんが登壇。
百田さんは主人公ブラックパンサーの妹。天才科学者シュリの声を担当してます。

下記のURLの写真となります。

http://cineana.net/archives/3154

貴重な体験をさせていただきました。
ご依頼ありがとうございました。

@愛知県名古屋市/ミッドランドスクエアシネマ 2018
client: BVコミュニケーションズ株式会社
Photographer:荻野 哲生

南洋の父サウス様のホームページ撮影に行ってまいりました。

スリランカカレーの名店 南洋の父サウスさんの撮影

スリランカカレー名店 南洋の父サウスのホームページ用写真の撮影をさせていただきました。
名古屋市金山にありますデザイン事務所CS.2さんからのご依頼で、一緒にホームページ作成に携わらせていただきます。

スパイスカレーのイメージ写真の撮影後、よくある「スタッフが美味しくいただきました。」を本当にしました。カレー3杯はいけます。
スタッフさんのサウスのスパイスカレーは元気になるし、胃にもたれないのお言葉通りでした。
とても美味しく元気になりました。

パイナップル&豆カレーをお昼休みにいただく。
パイナップルの味が衝撃。火の通った果物は得意ではないのですが、そんないままでのイメージをあっさり払拭する美味しさ。

スパイシーチキンカレー。
これだけで3杯食べれる。

ホロホロのチキンでフォークで簡単に切れる柔らかさ。ひと口、ひと噛みすることでスパイスが体の中にしみ込む。
カラダが喜ぶ。心も体もあったかくなって、熱くなる。

 

オーナーさんに美浜町の案内していただきました。

富具崎公園から見下ろす街並み

サウスのオーナーさんに美浜町の穴場スポットを案内いただき、知多半島の風土を堪能。
町の方々もあまり知られていない絶景ポイント富具崎公園を教えていただきました。
春になると桜がアーチのように咲くそうです。

静んでゆく夕日を眺めてとても良い1日でした。
ホームページの完成が楽しみです。

@愛知県知多郡美浜町/南洋の父サウス 2018
Art Direction/Graphic Design /Web Design : CS.2
Photographer:荻野 哲生

キモノポートレート撮影

着物ポートレート撮影

お着物姿でのポートレート撮影をさせていただきました。
前までは着物を纏う文化の素晴らしさをもっと伝えたいと思っていましたが、いまはそんなことは思わず。

ただただ、自分も色々な方達も着物をまとって楽しくお出かけできればいいと思う。
楽しいから着てるぐらいでいいじゃないかと。

楽しむ心を大切にする。

着物姿のポートレート

着物をきてるからどうのこうのはどうでも良くて。
女性らしいラインを追求していきたいです。

劇団美意識・KIMONO TIMESの佐藤 彰さんのように、着物を纏うことを「ドレスコードが一つ多い人生は楽しい。」
という信念をぼくも楽しみたいと思う。

構図の勉強をする

 

空間と構図をもっと練って写真を撮る。
いまの課題です。

背景を見つけて、最大限モデルを活かす。
イメージは美人画。掛け軸の雰囲気を出していく。

それが自分の作風になるようにしていく。

和装の装い

装いで所作・仕草が変わる。
着物のDNAは日本的と言える気がします。

どなたかが「ファッションが人生を作る」みたいなこと言ってませんでしたっけ?

 

人生を豊かに美しく

人生を豊かに楽しく。
着物を纏うと、そんな気分になると思う。

着物で出かける。

そんな日が増えると良いです。

 

 

@愛知県名古屋市/名古屋城能楽堂 2018
Photographer:荻野 哲生

 

犬山市 タイ古式マッサージ まむ庵さんホームページ用写真撮影

タイ古式マッサージ まむ庵さんのホームページ用写真撮影

愛知県犬山市、名鉄犬山駅から歩いて5分ほどのところにあります、タイ古式マッサージまむ庵さんのホームページ用の写真撮影をさせていただきました。
2015年に沖縄県竹富島での結婚式の撮影をさせていただいた、江南市の美容室スティラさんからのご紹介です。

 

後日ですが、撮影中にどうしても受けたいと思った施術 チネイザンを受けにいきました。
ものすごく要約するとお腹から元気になるというものです。

悪いものが出ていて、たくさん気が練られた感じがしました。

 

@愛知県犬山市/タイ古式マッサージまむ庵 2017
Photographer:荻野 哲生

 

 

風を感じるプロフィール撮影

プロフィール写真の撮影

仕事も環境も新しく変わる。ということで、 「私らしい一枚」を撮ってくださいとご依頼をいただく。
その人らしさってなんだろう。と思いながら、撮影の打ち合わせをしていた。
ご両親は沖縄出身、ご本人は愛知県豊田市の育ち。 お話していると「風を感じる写真」が合うのではないかと思いました。

ルーツの服を身に纏っての撮影

沖縄の紅型(びんがた)を纏い、森の中で風の気配を感じていただいた。
青い紅型のワンピースがとても彼女らしくご自身の雰囲気が出ていました。
新しい環境。新しい立場。新しい土地。新しい役割。 それら全てに良い風が吹く、そんな写真になってほしいと思います。

 

 

@愛知県豊田市/愛知県緑化センター 2017
Photographer:荻野 哲生

 

2017-11-04 | ブログ, 家族写真

笑顔はじけるお宮参り撮影

学生時代から知っている方の写真を撮らせていただく

僕が結婚式場でサービススタッフのアルバイトしていた時に仲良くなりましたお友達に元気なお子さんが誕生しました。
当時、大学生だった彼女ももうお母さん。
かれこれ7年ぐらい前からの関わりのある方を撮影させていただくのはとても感慨深く、月日は流れをとても感じました。

神社でのお宮参り撮影

とにかく笑いが絶えないご家族のお宮参りの撮影でした。
周りはとてもにぎやかでその中で眠り続ける赤ちゃんはとてもかわいかったです。
木洩れ陽いっぱいの中、たくさんの愛に溢れていました。

 

@愛知県名古屋市/熱田神宮 2017
Photographer:荻野 哲生

2017-10-08 | ブログ, 成人式

徳川園 SAYOKO美の成人式前撮り

息をのむほど美しい所作と仕草で、ご自身の世界感をしっかりと持っている方でした。
撮影はポージングだけつけさせていただき、表情はご自分で作り、それを写真に撮る。 プロのモデルさんを撮っていると錯覚してしまうほどでした。

切れ長メイクの目から意志を秘めた視線をのぞかせ、深紅の口紅がきりりと固く結んだ唇とあいまって、印象の深い写真となりました。 あまりに某SAYOKOさんに似ていたため、最後に資生堂さんの飾らない唇は美しいを丸パクリしました。
すみません。

 

 

@愛知県名古屋市/徳川園 2016
Photographer:荻野 哲生
着付師:セレーブル・フルール

 

1 2 3